理事長ご挨拶

  公益財団法人千里ライフサイエンス振興財団

理事長  審良 静男

Shizuo Akira 


デザイン・制作プラン
  当財団は、千里を中心とする大阪北部地域を生命科学(ライフサイエンス)のメッカにしたいとの故山村雄一元大阪大学総長の構想のもと、ライフサイエンスの研究者など産学官の関係者が各々の組織を超えて親しく自由闊達に情報や意見を交換し議論する「知の交流拠点」として、1990年7月に設立されました。
 大阪北部地域には、大阪大学をはじめ国立循環器病研究センター、医薬基盤・健康・栄養研究所などの医療・研究機関と製薬企業の研究所・工場が集積し、彩都ライフサイエンスパークや健都(北大阪健康医療都市)、中之島(未来医療国際拠点)などの拠点形成も進んでいます。

 こうした中、当財団は2010年に公益財団法人に認定され、「知の交流拠点」としての役割をより一層果たすため、ライフサイエンス分野における研究人材の育成、研究助成・支援、普及啓発、研究の実用化支援など各面にわたり、先進性・公益性の高い事業を発展・拡充させてまいりました。
 生命の仕組みを研究するライフサイエンスの分野は広範な学問領域にわたり、その成果は、医療や保健はもとより、環境や食料など、人間生活の根底を支え、豊かで幸せな人間社会を実現していくために大きく貢献することが期待されています。しかし、それは本質を突き科学として基礎がしっかりした多様な研究を営々と積み重ねてこそ、初めて実現するものと考えております。当財団はそのような研究をサポートするとともに多くの方々に情報提供をしてきたいと思っております。

 2020年からの新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、これまでの事業の様態が一変し、web開催が中心になりましたが、より多くの方々や遠方の方々が参加しやすくなるなどのメリットもありました。その結果、財団の知名度や企画の満足度の向上に貢献いたしました。一方で、山村先生の意図された赤ちょうちんを千里の場に創りたいという知の交流の場としての役割を十分果たせているのか懸念されるところです。今後のウィズコロナ・ポストコロナ時代におきましては、webとオンサイトを組み合わせながらも、演者と一体感が生まれるオンサイトに多くの聴衆が参加していただけるような事業展開を模索しつつ、ライフサイエンスにおける交流拠点として社会に貢献できるよう、更なる事業の充実に取り組んでまいる所存ですので、当財団の活動に一層のご支援とご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。




パンフレット


Japanese Pamphlet English Pamphlet
日本語版
(Japanese)

ダウンロード
(閲覧用)


ダウンロード
(印刷用)

  英語版
(English)

ダウンロード


PDFファイルでご覧いただけます。(Adobe Readerが必要です。)
お持ちでない場合はダウンロードしてからご覧ください。
Adobe Reader



沿革

1988年 8月 千里ライフサイエンス振興財団設立準備委員会発足
      山村雄一 会長就任
1990年 7月 財団法人 千里ライフサイエンス振興財団設立(大阪府知事許可)
岡田善雄 理事長就任
9月 設立記念講演会「21世紀のライフサイエンスに向けて」開催
  11月 研究助成事業開始
12月 広報誌「LFニュース」創刊
千里ライフサイエンスセミナー 開始
1991年 3月 千里ライフサイエンス市民公開講座「成人病シリーズ」 開始
8月 千里ライフサイエンス技術講習会 開始
  11月 オープンラボ、ビジネスインキュベータ施設入居者の募集開始
1992年 6月 千里ライフサイエンスセンタービル竣工
7月 千里ライフサイエンスセンター・千里ライフサイエンス振興財団の事務所を8階に移設
  9月 千里ライフサイエンスサロンフォーラム 開始
  10月 竣工記念国際シンポジウム
「ライフサイエンスの進展とこれからの健康」 開催
1994年 4月 新適塾(神経懇話会) 開始
1995年 7月 新適塾(21世紀の薬箱) 開始
北大阪におけるライフサイエンスの振興調査(平成7年度)
1997年 7月 小学生事業「千里ネイチャー・カレッジ」 開始
2000年 10月 設立10周年記念シンポジウム
「21世紀のライフサイエンスのフロンティアを展望して」を開催
11月 千里ライフサイエンスフォーラムが通算100回となる。
2002年 7月 知的クラスター創成事業−第T期−(文部科学省補助事業)開始
2007年 3月 岸本忠三 理事長就任
6月 知的クラスター創成事業−第U期−(文部科学省補助事業)開始
  11月 千里ライフサイエンス第100回記念セミナーを開催
2008年 5月 岡田善雄前理事長(特別顧問) 追悼シンポジウムを開催
9月 千里ライフサイエンス振興財団の事務所を20階に移転
2009年 3月 千里ライフサイエンスフォーラムが通算200回となる。
高校生事業「ライフサイエンスセミナー:研究者と語ろう」 開始
2010年 1月 国際シンポジウム
「Future Outcome of Stem Cell Reseach Today」 開催
4月 公益財団法人へ移行
岸本忠三 対談集『千客万来』発刊
2012年 1月 国際シンポジウム「Cutting-edge of Autophagy Study」 開催
地域イノベーション戦略支援プログラム開始(文部科学省補助事業)
高校生出前授業 開始
2013年 12月 岸本忠三 対談集
『新版 千客万来 ライフサイエンスのトップランナー16人と語る』発刊
2014年 1月 国際シンポジウム「Innate Immunity, Cytokines, and Immune Regulation」 開催
2015年 9月 国立国会図書館にLFニュースの納本開始(バックナンバー含む)
2016年 1月 国際シンポジウム 「Frontiers in Structural Biology - X-ray Free Electron Laser and Drug Discovery」 開催
2017年 9月 千里ライフサイエンスフォーラムが通算300回となる。
2018年 1月 国際シンポジウム
「A New Horizon of Cancer Immunotherapy」 開催
8月 岸本忠三 対談集
『先客万来V ライフサイエンスのフロンティアを拓く13の物語』発刊
2020年 1月 国際シンポジウム
「Recent Advance in Cancer Genomics」 開催
  7月 千里ライフサイエンス振興財団設立30周年
LFニュース30周年記念特集号発刊
  9月 セミナー・新適塾・フォーラムをWeb形式(オンライン)で開催開始
2021年 5月 『岸本基金研究助成10周年誌』発刊
  6月 岸本基金研究助成の電子申請を開始
2022年 6月 岸本忠三 名誉理事長就任
    審良静男 理事長就任
       

TOP