イベント・セミナー

フォーラム

会場開催オンデマンド配信 受付中

2月フォーラム(第364回)建物の地震対策 ~過去の地震被害から学ぶ~

開催日時 2024年2月5日(月) 
18:00〜19:00
※終了後19:00分~20:00に懇親会を実施します。
講師 中埜 良昭 先生
東京大学生産技術研究所 教授
国立研究開発法人
防災科学技術研究所
兵庫耐震工学研究センター
センター長
配信対象 千里ライフサイエンスクラブ会員
(年会費2,000円)
会員以外の皆様にもお申込みいただければ3日間限定で録画配信

講演要旨

1923年関東地震から100年が経過しました。この地震を契機に,日本では初めて耐震規定が建物の設計に導入されるとともに耐震工学を通じた建物の耐震化対策がスタートしました。その後も被害地震を経験し,その教訓を通じて我が国の地震対策は発展してきましたが,比較的近年においては,とりわけ1995年兵庫県南部地震(阪神淡路大震災)は我々に様々な教訓を投げかけ,その後の耐震化対策や学術の進展に大きく影響を与えました。 本講演ではこの100年の代表的な地震被害とその特徴を紹介するとともに,兵庫県南部地震を契機に大きく進展した既存建物の耐震化対策,耐震設計の考え方,またこの地震を契機に設置・運用が開始された世界最大の震動破壊実験施設(兵庫耐震工学研究センター:略称 E-ディフェンス)での実験事例などを紹介することで,主として我が国が歩んできた建物の耐震化対策の歴史を振りかえり,地震被害を通じてどのように建物の耐震化対策が進んできたかを紹介します。

開催形式

・会場での講演会
千里ライフサイエンスクラブ会員およびお申込いただいた一般参加者:参加費 無料
・講演後の懇親会
千里ライフサイエンスクラブ会員限定:参加費 2,000円
・オンデマンド配信
講演後、準備ができしだい、動画の配信をします。
千里ライフサイエンスクラブ会員:約1か月間配信します。
お申込いただいた一般参加者:3日間配信します。

開催場所・アクセス

大阪府豊中市新千里東町1-4-2
千里ライフサイエンスセンタービル

(講演会) 18:00~ 6階 千里ルームA
(懇親会) 19:00~ 5階 Port5

 

アクセス

 

申込方法

下記、申込フォームからお申込みください。

 

参加する

 

※ 後ほど【autoreply@form-mailer.jp】 から自動返信メールが届きます。

「申込・受付フォーム」からお申込み出来ない場合は、E-MAILでお申込み下さい。

【E-mail送信先】 srlf-forum〔at〕senri-life.or.jp

( ↑〔at〕を半角の@アットマークに置き換えて送信してください。)

お問い合わせ先

公益財団法人千里ライフサイエンス振興財団 フォーラム事務局
srlf-forum〔at〕senri-life.or.jp
(↑〔at〕を半角の@に置き換えて送信してください。)

TEL:06-6873-2006  FAX:06-6873-2002

この記事をシェアする

イベント・セミナー一覧に戻る