HOME  >  セミナー(最新) >  セミナー(2019)  > 2020年2月14日(金)開催 セミナー
 

2020年2月14日(金) セミナー N5

線維症をもたらす炎症細胞社会
開催日時: 2020年2月14日(金) 10:30~17:00
コーディネータ: 松島 綱治
東京理科大学 生命医科学研究所 教授
  小川 佳宏
九州大学大学院 医学研究院 教授
開催場所: 大阪府豊中市新千里東町1-4-2
 千里ライフサイエンスセンタービル 5階
  山村雄一記念ライフホール
   アクセス(Access)

プログラム・趣旨・講演要旨

 炎症の終末像として様々な臓器共通に線維芽細胞の集積・活性化によるコラーゲンならびに細胞外マトリックスが過剰に蓄積し、その結果、臓器の構造が乱れ、機能障害がもたらされます。これが疾患としての線維症 fibrosis です。代表的な線維症には、肺線維症、肝硬変、腎線維症などがありますが、線維症は全ての臓器において認められます。不幸にも現在、線維化疾患に対する有効な治療方法はなく、アンメット・メディカル・ニーズの高い領域です。一方、全ての上皮がんは線維化を足場・ニッチにして発生するため、がんの予防のためにも線維化制御法の開発は重要かつ喫緊の課題です。本セミナーでは、本研究領域を代表する基礎・臨床研究者を招聘し、シングルセル遺伝子発現解析などの新技術を用いた「炎症細胞社会」の実態解明による線維症の分子・細胞基盤の理解とこれに立脚した線維化疾患の発症機構・治療戦略に関する最新の知見を御紹介いただきます。
 
ポスター(PDF) プログラム(PDF) ストリーミング動画
はじめに
東京理科大 生命医科学研究所
教授 松島 綱治
新規single-cell RNA-seq法TAS-seqによる肺線維症炎症細胞社会変遷の解明
東京理科大学 生命医科学研究所
助教 七野 成之

肺線維症発症の分子機構
大阪大学 免疫学フロンティア研究センター
特任教授 審良 静男
腎線維芽細胞は多彩な役割を獲得し、腎障害と修復を制御する
京都大学 大学院医学研究科
教授 柳田 素子
慢性炎症と皮膚の線維化
京都大学 大学院医学研究科
教授 椛島 健治
脂肪毒性病態:臓器脂質の量的質的変容からみた炎症細胞社会
筑波大学 医学医療系
教授 島野 仁
脂肪肝から肝硬変の炎症細胞社会
金沢大学 大学院医薬保健研究域
教授 本多 政夫
生活習慣病における組織線維化
九州大学 大学院医学研究院
教授 小川 佳宏
おわりに
九州大学 大学院医学研究院
教授 小川 佳宏

著作権法に基づき、講演の映像・音声ならびに講演要旨は、ブログ・SNSへの掲載等、複製・転用するなど2次利用することを禁じます。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.
 

TOP