HOME  >  セミナー(最新) >  セミナー(2016)  > 2016年09月16日(金)開催 セミナー
 

2016年9月16日(金) セミナー K3

エクソソーム研究の最前線:
 疾患のメカニズム解明から診断・治療まで
開催日時: 2016年9月16日(金) 10:00~15:40
開催場所: 千里ライフサイエンスセンタービル
   山村雄一記念ライフホール
コーディネータ: 落谷孝弘
(国研)国立がん研究センター研究所 主任分野長
  田原栄俊
広島大学大学院医歯薬保健学研究院 教授

プログラム・趣旨・講演要旨

 細胞外小胞 (Extracellular Vesicle)の性状の解明に世界中が挑んでいる。この脂質二重膜を持つ直径100ナノメーター前後のナノベシクルは、通称エクソソームとも呼ばれ、あらゆる細胞が分泌するとされている。このエクソソームは細胞間のコミュニケーションツールとして話題を集め、がんの微小環境の制御因子としての解析対象としてはもちろん、様々な疾患や生理機能を理解する新しいプラットホームとしての重要性が浮上している。そこで本セミナーでは、このエクソソームの基礎から臨床応用に至る我が国の最前線の研究者の方々に登壇していただき、エクソソーム研究が解き明かす新たな生命の概念について理解を深める機会としたい。
 
プログラム (PDF) ストリーミング動画
 
はじめに
(国研)国立がん研究センター研究所
主任分野長 落谷孝広
エクソソームによる細胞間コミュニケーションの実態解明とがん治療への応用
(国研)国立がん研究センター研究所
主任分野長 落谷孝広
細胞老化エクソソームとがん
広島大学大学院医歯薬保健学研究院
教授 田原栄俊
腫瘍血管の特異性とエクソソーム
北海道大学遺伝子病制御研究所
特任准教授 樋田京子
エクソソームによる新たながん診断法の開発を目指して
(国研)国立がん研究センター研究所
研究員 吉岡祐亮
エクソソームを利用したドラッグデリバリー戦略の構築
京都大学大学院薬学研究科
教授 高倉喜信
CD8+T 細胞エクソソームによるがんの浸潤・転移の抑制
三重大学大学院医学系研究科
教授 珠玖 洋
おわりに
広島大学大学院医歯薬保健学研究院
教授 田原栄俊

TOP