HOME  >  セミナー  > 2016年05月31日(火)開催 セミナー
 

2016年5月31日(火) セミナー K1

神経と免疫・炎症のクロストーク
開催日時: 2016年5月31日(火) 10:00~16:40
コーディネータ: 北海道大学遺伝子病制御研究所
教授 村上正晃
  東北大学大学院医学系研究科
教授 片桐秀樹
開催場所: 大阪府豊中市新千里東町1-4-2
  千里ライフサイエンスセンタービル
     5階 山村雄一記念ライフホール
  アクセス(Access)

※ 演題4の鈴木先生と、演題5の上田先生の講演順が入れ替わりました。
  (鈴木先生→14:10~14:50、上田先生→13:30~14:10になります。)UP

プログラム・趣旨・講演要旨

 全身に張り巡らされた神経網は、生体の恒常性維持にとって大きな役割を持っています。最近、神経系が、全身の各部位の免疫・炎症反応を制御していること、また、神経系自体も免疫系や炎症系の制御を受けていること、さらに、神経回路の特異的な活性化による固有の血管の制御との関連が明らかとなり、神経と免疫・炎症のクロストークが大きな注目を集めています。また、全身の各臓器の代謝が神経系の影響を受けるのみならず、神経系に影響を与えていることも含め、神経系とのクロストークを基盤とした種々の疾患の新たな治療戦略の可能性も示されてきました。そこで、本セミナーでは、神経と免疫・炎症のクロストークをキーワードに、神経系疾患の詳細な発症機構、特異的な神経活性化による特異血管、臓器代謝機能の制御機構、さらに最新技術による本クロストーク解明の可能性について、基礎と臨床の両観点から最近の知見を紹介いただき、皆様と議論したいと思います。
 
PDF プログラム (PDF)
 
(※) 講演要旨をご覧になるには、演題(青字)をクリックしてください。
    PDFファイルでご覧いただけます。
PDF
はじめに
北海道大学遺伝子病制御研究所
教授 村上 正晃
神経系自己免疫疾患のprecision medicineの構築にむけて
国立精神・神経医療研究センター
部長 山村 隆
中枢神経回路の障害と修復を制御する生体システムのメカニズム
大阪大学大学院医学系研究科
教授 山下俊英
マクロファージによる脳梗塞後炎症の制御
慶應義塾大学大学院医学研究科
教授 吉村昭彦
全身透明化技術による1細胞解像度での全身解析の実現
東京大学大学院医学系研究科
教授 上田泰己
交感神経によるリンパ球の動態制御とその免疫応答における意義
大阪大学免疫学フロンティア研究センター
准教授 鈴木一博
臓器間神経ネットワークによる個体レベルでの代謝制御機構
東北大学大学院医学系研究科
教授 片桐秀樹
新しい神経による炎症制御機構、ゲートウェイ反射
北海道大学遺伝子病制御研究所
教授 村上正晃
おわりに
東北大学大学院医学系研究科
教授 片桐秀樹
 
TOP