HOME  > 小学生サイエンススクール 

小学生サイエンススクール
 
小学校高学年生向け“観て・考える”体験型学習会について
デザイン・制作プラン
 当財団では、科学技術の発展を担う次世代の人材育成を含め、生命や自然科学に対する知的好奇心、向上心を醸成するため、驚きと感動を体験し、また、直接物に触れたり、動かしたり、組み立てたりと身体で体験出来るような体験型学習会として『物理科学実験』や『物作り体験』プログラムを豊中市教育委員会の共催、大阪府・茨木市・箕面市・池田市各市教育委員会の後援とご協力を得て開催致します。
 
主 催: 公益財団法人千里ライフサイエンス振興財団
共 催: 豊中市教育委員会
後 援: 大阪府教育委員会、
茨木市・箕面市・池田市各市教育委員会

 

小学生サイエンススクール:

2017年度の小学生事業は終了しました。
 
開催日: 2017年8月17日(木)

コーディネーター:
日野林俊彦   大阪大学 名誉教授 
   藍野大学 特任教授
講師: 伊都将司 大阪大学大学院基礎工学研究科
古川正紘 大阪大学大学院情報科学研究科
開催場所: 大阪大学豊中キャンパス
 基礎工学研究科国際棟 1階セミナー室(シグマホール)
  アクセス(Access)
  阪急宝塚線「石橋」駅(徒歩20分)もしくは
大阪モノレール「柴原」駅(徒歩8分)
 

テーマ
10:00~12:00 光をあてると色がつく
「不思議なインク」で絵を描こう
13:00~15:00 歩く方向を変える
特殊なシートの上を歩いてみよう
リーフレット(PDF)

光をあてると色がつく「不思議なインク」で絵を描こう
分子の性質は、分子の形と関係しています。このサイエンススクールでは、分子の色と形に注目します。分子の中には、光をあてると形が変わり、色が変わるものがあります。この現象はフォトクロミック反応と呼ばれています。フォトクロミック反応により一瞬で色がついたり消えたりする分子を紹介し、光で色が変わる様子を観察します。そのような分子を溶かしたインクを使って、光を当てると一瞬で浮かび上がる絵を描きます。

(伊都 将司:大阪大学大学院基礎工学研究科)

歩く方向を変える特殊なシートの上を歩いてみよう
歩行は、知らず知らずに様々な感覚に頼っていますが、普段気づくことはありません。このサイエンススクールでは、世界が揺れているかのように見せることで人の感覚を錯覚させる現象について紹介し、体験しながら人間の感覚について学びます。さらに、錯覚を応用した技術として、知らず知らずのうちに歩く方向を変える技術を体験します。

(古川 正紘:大阪大学大学院情報科学研究科)

お問い合わせ先

公益財団法人千里ライフサイエンス振興財団 小学生サイエンススクール係
〒560-0082 大阪府豊中市新千里東町1丁目4番2号
         千里ライフサイエンスセンタービル20階
TEL:06-6873-2001  FAX:06-6873-2002

過去の小学生事業は
こちら

TOP